傷んだ髪の見分け方


自分の髪が傷んでいるかどうか見分けるには、以下の3つの方法をとると良いでしょう。

とりあえずまず自分の髪を見てみると、見た目でも傷んだ髪かどうかわかることができます。

なによりもすぐわかることは、毛先に枝毛があれば、間違いなく髪が傷んでいるということです。

枝毛は一度できるともう治ることはなく、たとえトリートメントをしても無理なことで、治す方法は切ることだけなのです。

次に、髪を引っ張ってみることでも、傷んだ髪を見つけることができます。

髪は傷んでしまうと、切れやすくなってしまいます。

ツイストパーマやストレートパーマは髪を痛めやすく、何度もかけていると髪を切れやすい状態にしてしまいます。

健康な髪は、指が滑って切れません。

最後に痛んだ髪の見分け方は指でしごいてみることです。

髪の根元からゆっくりとすべらすようにして、引っ張りながらしごいていき、すべりが止まったり手触りが悪くなったりしたら、それは髪のキューティクルが崩れているということなのです。

このような髪の痛みがあるかどうかを見る方法で、どれかひっかかる点が見つかったなら、とりあえずトリートメントで髪の改善をはかってみるようにしましょう。

髪の痛みがなかなか治らないようであれば、そのときは美容院にいくなどして、もっと専門のトリートメントをしてもらうといいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18032429

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ