髪の傷みの原因


髪毛は、いくつかの理由によって傷んでしまいます。

まずあげられるのが、シャンプー時に乱暴に洗ってしまうことです。

毛髪の表面をおおっている部分で、外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えるのはキューティクルです。

キューティクルは摩擦によってはがれてしまうので、シャンプーするときに乱暴な洗い方をしたりすると、簡単にはがれて髪はつやを失ってしまいます。

そして無理にブラッシングすることや、濡れたままの髪にブローをするのも髪が傷むことにつながります。

ブラッシングを無理にしてしまうことも、キューティクルをはがすことになって、髪にはよくありません。

水分を含んでいる髪は、キューティクルがはがれやすく傷みやすいので、洗髪後などタオルであまりふいたりもせずにドライヤーをかけることは禁物です。

そしてもうひとつ、髪を冷暖房の刺激にさらしすぎるのも、キューティクルを守るという点ではよくありません。

濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、濡れたまま日に当たることは避けなければなりません。

髪から栄養分が失われるのを防ぐためには、パーマやヘアカラーをあまり頻繁にしない方がいいでしょう。

気を付けていてもなかなか避けられない髪のダメージには、トリートメントやコンディショナーでしっかりと髪のケアを行うことがなによりでしょう。

また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。


投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム | 最速カリスマ英語マスター
初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | キャッシングローンミニ知識
結婚式マナー教室|奇跡のjugemダイエット|座敷豚の簡単ダイエット
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40069618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ