頭皮クレンジングブラシ


頭皮クレンジングブラシは、頭皮の汚れを効率よく洗い落としクレンジング剤の力を引き出してくれます。
クレンジングブラシは、クレンジング剤と同じくスカルプケアが目的です。
日々の洗髪で落とし切れていなかった皮脂汚れを洗い流し、血の循環をよくすることで頭皮を健康にします。
頭皮の皮脂汚れを落としながら地肌を心地よくマッサージし、頭皮に優しい刺激を与えて髪と地肌をリフレッシュできます。
より洗髪効果を高めるために、このブラシによって指の腹で地肌を揉むように刺激し、頭皮を柔らかくします。
一般的なブラシの形をしたものの他に、円形のブラシや楕円形のブラシなど、様々なバリエーションが存在します。
充電式で、ブラシが微細な振動をすることで手ではできない刺激を頭皮に与えるブラシや、マイナスイオンブラシもあるようです。
シリコン製のゴムなどの柔らかい素材で作られているブラシが多く、ブラシ部分は太めです。
頭皮を不用意に傷つけないように気を遣われています。
洗髪は、地肌をマッサージするように洗うと効果的です。
しかし、自分の指だけで揉もうとしてもついつい爪を立ててしまうなど、なかなか思うようにはいきません。
正しい頭皮ケアをするために、頭皮クレンジングブラシやクレンジング剤を最大限に活用して洗髪効果を高めましょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

薬やサプリメントによる若はげ対策は危険


昨今、若はげのひとつの原因として、薬やサプリメントの摂取があげられています。
若はげなどの対策用として用いられる薬や、健康食品などの摂取による脱毛が、近年脱毛症や若はげの原因として考えられるようになりました。
若ハゲや脱毛症の原因となるものには、健康食品、サプリメント、プロテイン、皮膚科の薬、ハンドクリーム、美容食品などが具体的にはあげられます。
誤った薬やサプリメントの使い方や過剰摂取は、身体の機能を低下させます。
悪い影響を頭皮に与えることがあります。
そして毛髪の毛母細胞の衰弱につながってしまうのです。
若ハゲ対策のつもりで行っていたことが、過剰なシャンプーなどと同様に、逆に頭皮や毛髪に悪影響になってしまうということです。酸素と栄養素が育毛に必要な条件で、頭皮の汚れは若はげの原因になってしまいます。
頭皮が汚れで覆われると皮膚呼吸が妨げられ髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足します。
酸素補給が不足すると毛母細胞は次第に弱っていき、髪の毛が細くなったり、毛が抜けたりして若はげの原因になります。
毛母細胞への酸素補給を妨げる頭皮の汚れは、若はげのもっとも大きな原因なのです。
頭を正しい方法で清潔にすること。
これが若はげの対策として一番大切なことなのです。
過剰な薬やサプリメントの摂取はしないようにすることが重要だといえます。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

シャンプーによる若はげ対策


若はげの対策としてシャンプーを使った方法を実行している人が多いようです。
思春期を過ぎたころに若はげは起こります。
遺伝的背景を持つ男性の前頭部から頭頂部でよく起るようです。
頭頂部を中心に女性でも同様の変化が見られることもあるようです。
若はげの対策としてシャンプー以外にも解決方法はいろいろありますが、若はげ対策の中には間違った方法が説明されていることもあるようです。
シャンプーを利用した若はげの対策はとてもよく知られています。若はげの対策としてよく間違われる点は、皮脂が育毛を妨げているという認識です。
若はげなどの対策として、皮脂を全て洗い流してしまうほど強力なシャンプーが出回っています。
この影響で小学生までが脱毛症をおこしているケースがあります。成人だけではないのです。
しかし、皮脂とは肌や頭皮を、乾燥等のトラブルを防ぐために分泌される成分です。
強い洗浄力のシャンプーを使用し続けると、頭皮に肌荒れが起ってしまいます。
これは若はげの対策どころか、逆に脱毛症を発症させてしまうことになりかねません。
今の世の中はすべてにおいて清潔さが好まれています。
ですから若はげの対策というよりも、髪が汚れることに敏感になりすぎなようです。
それで必要以上に髪を洗ってしまったり、強いシャンプーを使ってしまうようなことになっているのかもしれません。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

若はげの原因と対策


一般的にいつごろから若はげが気になってきたり、その対策を講じるようになるのでしょうか。
若はげが気になりだしたり、実際に髪の毛が薄くなってくる年齢、また若はげの程度は個人差があり、人によってさまざまです。
若はげの対策を具体的にいつごろからするかというのは、個人差があります。
男性の場合、早い人は18歳前後から脱毛が始まることもあります。
若はげの進行のスピードや、始まる年齢にはかなり幅があるようで、30代後半から急激な脱毛が進むこともあります。
ストレスや偏った食生活、不規則な生活は若はげの原因になります。
遺伝だけが原因ではないのです。
20代や30代前半の若い人でも、このような若はげの原因になるようなことを続けていれば、髪が薄くなり若はげになってしまいます。早いうちから若はげにならないための対策をしておくほうが良いでしょう。
一般に若はげと呼ばれている男性型脱毛症は、壮年性脱毛症とも言われます。
脱毛症状が主に30〜40代から目立ってくるのが若はげです。
頭皮がうすく透けてみえる状態になります。
それは頭髪の1本1本が細くなるのが原因です。
脱毛症状が気になりはじめたとき、それが若はげ対策を始めるときです。
出来るだけ、早めに行いましょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

ブラッシングによる育毛の方法


ブラッシングによる育毛の方法は、育毛を効果的に進める方法として、頭皮の血行を促進させる育毛によいという情報を耳にすることがあります。
育毛の方法として、血行促進をするためにブラッシングをするという方法は実は誤りなのです。
ブラッシングの目的というのは、本来長い髪を束ねたり、シャンプーの前に適度なブラッシングで頭髪の中のゴミなどを浮かび上がらせたりすることなのです。
育毛をするためにブラッシングをするというのは、決して血行促進ということが目的ではないのです。
育毛を目的とした良い方法だからと、ブラッシングにより柔らかい頭皮を刺激し続けるとどうなるでしょうか。
皮下の柔らかい皮下組織が痛むだけでなく、場合によっては完全に毛髪組織が破壊されてしまうこともあります。
ブラッシングのしすぎは、育毛の方法どころか、逆に毛髪を痛めるためにしていることになるのです。
また皮脂が育毛を妨げるという育毛方法の間違った考え方をしている人をよく見かけます。
この誤った考えに基づいて頭皮の皮脂を過剰に取り除いている人がいます。
皮脂を過剰に除去すると頭皮がボロボロになってしまいます。
育毛のための方法としては、毎日一回、普通のシャンプーをすることが大切です。
清潔な頭皮を保ち、皮脂に過敏になりすぎないことも、育毛促進のポイントです。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

育毛のための栄養素


栄養素の中でも育毛のために良いものはいろいろあります。
育毛のひとつの方法として、毛髪に良い栄養素を摂ることは大切なことだといえます。
毛髪も身体と同じで、偏った栄養バランスの食事をしていては毛髪も健康に育ちません。
インスタント食品やジャンクフードの蔓延により、現代人の食生活には栄養素の偏りがかなりみられるようです。
その他ダイエットなどが原因の栄養の摂取不足など、いろいろな食生活の問題があります。
健康な毛髪を維持するのに必要な栄養分を十分に摂取するのは難しいのが現代人の食生活です。
食生活で育毛を促進するのは難しいということになります。
必要な栄養をを効率よく摂るために、育毛のための栄養素を理解することからはじめましょう。
それにより健康な毛髪を維持することができます。
ビタミンEが不足すると血行が悪くなってしまいます。
またビタミンEには老化を予防する働きがあります。
肌の老化や抜け毛、肩こり、冷え性などの諸症状を引き起こす原因となります。
血行を良くするためにも、ビタミンEは十分に摂取しましょう。
育毛のための栄養素は血液から送り込まれますので、血行が大切なのです。
ビタミンEは次のような食品に多く含まれています。
レバーや牛肉、豚肉、たらこ、アーモンド、バターなどがあります。
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取することで、抗酸化作用が高まり、育毛のための栄養素としてより毛髪に効果的に働くことができるようになります。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

発毛と生活習慣


発毛と生活習慣には深い関係があります。
発毛を促すためには、やってはいけない方法がいくつかあります。毎日発毛を促進するために髪に良いことを続けていても、それと同時に髪によくないことをしていては元も子もありません。
過度の飲酒は、発毛に悪影響です。
飲酒そのものが髪によくないわけではありませんが、酒量が一定量を超えると血液循環が悪くなります。
それだけではなく、肝臓を飲みすぎて酷使すると、髪を構成しているたんぱく質が十分に作られなくなってしまいます。
健康な頭皮のためにもお酒の飲みすぎには十分に注意しましょう。タバコの吸い過ぎも発毛はよくありません。
喫煙そのものが髪へ及ぼす影響は科学的に実証されてはいません。ですが新しい髪を作るための栄養が行き渡らなくなってしまいます。
なぜならタバコの吸いすぎは血管を収縮させるからです。
これは発毛にとって悪影響です。
健康のためにも普段の生活習慣から見直すことをおすすめします。過度のお酒とタバコは発毛だけに影響するものではないのです。
髪は夜によく成長するので、睡眠不足もまた発毛に悪影響です。
特に末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になるのが午後10時〜深夜2時ごろです。
その時間によく眠る方法ととると発毛にはとても良い生活習慣だといえるでしょう。
血管を収縮し頭皮の栄養が行き渡りにくくなる原因にストレスがあります。
過度なストレスは血管を収縮させ、脱毛の原因になります。
発毛のために良い方法はどんな形でもいいので、普段の生活習慣でストレスを発散させることです。
バランスの取れた食生活、ストレスためないこと、よく眠ることが発毛のためには大切です。
このような生活習慣は健康にも良い影響を与えるでしょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

シャンプーで発毛を促進する


シャンプーによる洗髪は、発毛を促進するために頭皮を清潔に保つためにも欠かせません。
またシャンプーは毛母細胞に酸素と栄養を行き渡らせる働きもあるのです。
発毛を促進させるために洗髪は有効な方法です。
だからといってシャンプーをたくさん使えばいいというものではありません。
あくまで適切な方法で行わなくてはなりません。
発毛を促進させるのに有効なシャンプーの方法があります。
それは頭皮を優しくマッサージするように指の腹で洗うことです。シャンプーをするときにブラシを使う人も多いと思いますが、これは頭皮を傷付けてしまう恐れがあるので、あまりよくないのです。発毛促進とは逆効果なのが、頭皮を傷つけ角質を剥がしてしまうことです。
そうすると皮膚の下の毛細血管が傷ついてしまうからです。
シャンプー成分を発毛に有効に使おうと付けおきでの洗髪方法をとる人もいます。
これは肌荒れを起こしたり、頭皮を痛めることもありますので、注意が必要です。
また1日に何回も洗う必要はありません。
発毛促進のためには1日1回で十分なのです。
シャンプー後のすすぎは入念にすることが大切で、泡を流して終わりではなく、シャンプー剤全てを流すよう心がけます。
アルカリ性の頭皮にシャンプーによる洗髪後は変化しています。
さらに自然に皮脂が分泌されて頭皮本来の弱酸性に戻そうとするのです。
この皮脂の過度な分泌を押さえるために使うものがコンディショナーで、頭皮に負担をかけないことで発毛を促進してくれます。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

血行促進で発毛促進


発毛を促進する方法の一つに、頭皮の血行を促進し新陳代謝を活発にする方法があります。
髪の地肌からでている黒い部分を毛幹といい、地肌の中にある部分を毛根と毛球といいます。
普通に私たちが髪と呼ぶ部分は毛幹で、これはすでに死んだ細胞であり、毛幹そのものに新しい髪を作り出す機能はありません。
髪となって成長する部分は地肌の中にあり、毛根の部分にある毛母細胞が分裂することで発毛ができるのです。
髪は頭皮を衝撃から守り有害物質を排出するなどの役割がありますが、役目を終えると自然に抜けていきます。
自然脱毛と同時に新しい髪が生え、常に同じ本数を維持できる場合が髪の正常な形です。
そもそも脱毛と発毛には周期がありますが、それをヘアサイクルといい、4年〜8年といわれています。
このとき、毛細血管から血液を通して運ばれてくる栄養や酸素が毛母細胞の分裂を促進するわけです。
まずこのような血行を促進する方法をとって、発毛を促すようにすることがもっともいい法方でしょう。
毛母細胞は大人の体の中でも活動が活発な細胞なので、大量の栄養や酸素が必要になります。
栄養素などは頭皮の毛細血管を介して運ばれるのため、マッサージをすることで頭皮や首に刺激を与える方法をとるといいでしょう。サウナやストレッチで血管を広げて血行を促進することが発毛促進に有効な方法です。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

頭皮クレンジング剤


頭皮クレンジング剤をシャンプーの前に使うと、汚れが浮き上がってシャンプーによる洗髪がしやすくなるのです。
またシャンプーの代わりに使うための頭皮クレンジングシャンプーもあります。
化粧を落とす時はファンデーションや口紅を落とす前にまずクレンジング剤でメイクを浮かせ、洗顔料で洗い流します。
同じように、頭皮をクレンジングするときもそんな使われ方をします。
頭皮クレンジング剤によって蓄積したスタイリング剤や毛穴に詰まった皮脂汚れ、古い角質などをで浮きあがらせ、洗髪を効果的に行えるようにするのです。
頭皮クレンジングを使うと、シャンプーでは落ちない頭皮の汚れが落ちるのでそれが魅力なのです。
そのため、洗浄力を比べると、どうしても頭皮クレンジング剤の方がシャンプーより高くなります。
そのためクレンジング剤の頭皮への刺激も強く、使う頻度も週1〜2回等と制限されているものが多いです。
頭皮クレンジング剤を使うと、だんだん頭がぬくもってくるような感じになります。
ペッパーミントの香りがしたりして、使用後にさわやかな感じが残ります。
頭皮クレンジング剤を使ってゆっくりマッサージをすることによって頭皮をリラックスさせることもできるでしょう。
柔軟な皮膚の状態を維持しつつ、血の流れをよくすることもできるでしょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ
Powered by さくらのブログ