頭皮クレンジングの注意点


頭皮の健康のためには、頭皮をクレンジングするのはとても大切なことです。
しかしきれいにしたいと思いすぎて、頭皮をクレンジングしすぎることは、逆に頭皮を傷めてまうことになります。
まず自分の頭皮がどういうタイプかを調べ、皮脂過剰なのかどうかをちゃんと知ってから頭皮をクレンジングすることが大切です。
頭皮の皮脂をしっかり取り除くことが良いことと考えている人がいますが、取りすぎはいいことはありません。
確かに皮脂は多すぎると毛根や毛穴を詰まらせ毛髪の発生を妨げます。
大切な育毛成分までも失ってしまうことを防ぐには、必要以上に頭皮クレンジング剤を使わないことです。
また頭皮クレンジングを繰り返して皮脂を取り続けていると、頭皮が常に不足した皮脂を補おうとするようになるのです。
皮脂腺が肥大化されることによって、皮脂量が増える一方になることもあるのです。
頭皮クレンジング剤の脱脂力、洗浄力は、それくらい強力なのです。
あまり激しく使い続けると、目には見えないような傷を、頭皮にいくつもつけてしまうことさえあります。
頭皮クレンジング剤で頭を洗うということは、微粒子が皮膚の汚れを落とすのということなので、小さい粒が地肌をこするために、傷を作ることもあるというわけです。
頭皮クレンジングをしすぎると、育毛剤などをつけたときにとひりひりしてしまうこともあるので、注意しなければなりません。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

育毛剤の種類と効果


育毛剤と一口に言っても種類は様々で、いざ買おうとなるとどれを選らぼうか迷ってしまう人も結構いることでしょう。
そこで育毛剤の種類とその効果がどのようなものか、説明してみましょう。
育毛剤が必要な人とは、抜け毛が気になっている人だと思いますが、その抜け毛には必ず原因が存在します。
それは男性ホルモンのテストステロンが、6αリダクターゼという変換酵素が働くことが原因で、デヒドロテストステロンというホルモンに変化させられ、このホルモンが抜け毛を起こしているのです。
抜け毛を予防することがほとんどの育毛剤の役目ですが、育毛剤の成分はその働きから4つに分けられていて、それぞれが組み合わさることで特徴を出しています。
それぞれの働きは、男性ホルモンの働きを抑える、毛母細胞を活発化させる、頭皮の血液循環を良くする、皮脂の分泌を抑えることです。
このような4つの働きが組み合わせられ、育毛剤は頭皮に栄養を補給しながらその状態を正常に保ちつつ、抜け毛を防いでいるのです。
育毛剤は、たとえば塩化カルプロニウム、センブリやニンジンエキス、ビタミンEといった様々な成分から構成されています。
育毛剤は、血行促進、発毛促進、皮膚細胞の代謝改善、保湿作用、フケ・カユミを防ぐ、造血機能回復、抗菌などの効果をもたらします。
このようにたくさんの効果あるので、抜け毛の原因に合わせて育毛剤を選ぶことが大切です。
抜け毛は男性だけの悩みだと思われがちですが女性も年齢と共に髪の量が全体的に少なくなり薄くなります。
育毛剤は大切ですが、その前にまずはシャンプーや日ごろの生活習慣などを見直すことも必要でしょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

頭皮クレンジングブラシ


頭皮クレンジングを行う時には、クレンジング剤だけでなく頭皮をケアするためのブラシもあります。
クレンジングブラシの使用目的は、頭皮クレンジング剤と同じで、頭皮に残っている皮脂や汚れを取り除くためです。
そうすることで頭皮の血行がよくなり、髪の健やかな発育も促されるのです。
頭皮を心地よくマッサージすることで毛穴を開かせ、皮脂を落としやすくするための専用のブラシが、頭皮クレンジングのブラシなのです。
クレンジングブラシを使うと指の腹でやさしく洗うような刺激が頭皮に伝わってきて、洗髪を正しく行うことができます。
その形状もブラシ式のものがあれば、手のひらにすっぽりと収まる円形のものなどもあります。
頭皮クレンジングブラシの中にはマイナスイオンが出るものや、充電式でミクロの振動を発生ささせ、頭皮をマッサージするというものもあるのです。
頭皮クレンジングブラシのブラシ部分はたいていソフトなシリコン製ゴムなどでできているため、太めで柔らかいのです。
そのため頭皮を不用意に傷つけるようなことがありません。
頭皮のクレンジングは揉むように洗うといいと言われています。
けれどもなかなか思うようにはいかないもので、自分の指だけで揉もうとしてもつい爪を立ててしまうこともあります。
テープを剥がした刺激は肌に残りますので、同じ場所に何回も脱毛剤をぬらないようにします。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

増毛スプレーの特徴


手軽に使える増毛スプレーですが、水に弱いという欠点があります。
日常生活での多少の湿気や汗程度では問題はありませんので、過度に気を遣わずとも大丈夫です。
雨などで髪が濡れたり、かぶりものの中でたくさん汗をかいた場合は危険などで気をつけましょう。
そういう時は髪を触らず、そのままにしておくといいでしょう。
髪を濡れそうな日や、炎天下の作業や激しい運動で汗が多そうな日は使用を控えた方がいいかもしれません。
増毛スプレーは増やしたい部分の髪を自由に増やすことができます。
ただ、うまく増やしたい部分の髪にスプレーをしないと、おかしな格好になってしまうことがあります。
手鏡を使うなどしながら後ろの髪の形も確認して使いましょう。
後頭部の部分は自分からは見えにくく、人からはよく見える難しい場所です。
最初の何回かは戸惑うこともありますが、じきに慣れて所要時間も短縮できます。
また、あまり不自然すぎる増毛にはならないようにしましょう。
不自然なまでに増毛スプレーを使って髪のかさを増やしている人もいますが、毎日使っているせいで髪の多さに慣れて感覚がズレている可能性があるので気をつけてください。
自宅で簡単に使える増毛スプレー。出張先でも忙しい時でも使えますから心強い味方です。使い方をマスターして、ぜひ心強いツールとして使いたいものです。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ

増毛スプレーの使い方


誰でも手軽に使える増毛スフレーですが、上手に使いこなすにはちょっとしたコツが必要です。
一般的な増毛スプレーには整髪効果はないため、事前に髪の形を整えて準備を終わらせてから、増毛スプレーを使いましょう。
トニックや育毛剤、養毛剤なども増毛スプレーの前に使用し、あとは増毛スプレーを使うばかりにします。
使用時には頭髪から15p〜20pの距離を保ちながら増毛剤を吹きつけます。
円を描くように、あるいは上下左右に動かしながら素早くスプレーします。
同じ場所ばかり吹きつけ続けていると色むらになることがあるので、気をつけましょう。
一カ所にスプレーが偏らないよう、鏡を使ってチェックしながら全体的に吹き付けましょう。
吹き付けた後は触らないようにしながら全体的に落ち着かせます。時間がない時は、乾かすためにドライヤーが使えるものもあります。
粉末が手にくっつかないよう、完全に乾いたと判断できるまでは触らず動かさないように注意します。
以上がよくある増毛スプレーの失敗のない使い方ですが、少し違う使い方をするものも存在するようです。
個別に確認してから使うようにしましょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ
Powered by さくらのブログ