髪のトリートメント


トリートメントの正しい行い方は、まずはじめにきちんとシャンプーすることから始まります。

洗った後は、よくすすいで泡が残らないようにしなければなりません。

シャンプーが終わったら、まずトリートメント剤の油分がはじかれるのを防ぐために、髪の水分をタオルで軽く取り、それからトリートメント剤を手に取ります。

表示されている容量は必ず守るようにして、内側からたたくような感じでトリートメント剤を髪につけます。

髪にトリートメント剤をつけたら、なじませるために少しそのままにしておいて、それからこすらずにやさしくすすぎましょう。

トリートメント剤を頭に直接つけることは、毛穴をふさいで頭皮が炎症を起こしたり、細菌が繁殖することにつながるので、避けるようにしましょう。

そのことは、せっかくきれいになった頭皮に油分が加わってしまうことになるので、避けたいことです。

髪が特別にひどい傷み方をしてしまったときの方法があるのですが、それはまず普通どおりにトリートメント剤をかみにつけ、その後シャワーキャップをかぶって5〜10分くらいの間そのまま待つのです。

こうすると髪の毛が温められてタンパク質の結合がゆるめられ、それによりトリートメント剤が浸透しやすくなるのです。

週に2回くらい行うと効果が実感されると思います。

以上のような方法でも髪が元に戻らないならば、思い切ってその髪は切ってしまいましょう。

そして今度こそ、伸びた髪を大切にしてあげるようにしましょう。


投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム | 最速カリスマ英語マスター
初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | キャッシングローンミニ知識
結婚式マナー教室|奇跡のjugemダイエット|座敷豚の簡単ダイエット
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント

毛髪と頭皮の関係


頭皮クレンジングの必要性を認識するためには、頭髪と頭皮の関係を知っておく必要があります。

髪と皮膚は同じたんぱく質を主成分としています。

そして髪が生えるのは皮膚からです。そういうわけで、頭皮クレンジングによって皮膚を健康に保つことが、健康的で太い髪を作ることつながります。

この皮膚の部分に着目したのが、頭皮クレンジングというものです。

毛髪の、皮膚の下にある根本の部分を「毛根」といいますが、この毛根の尖端には「毛乳頭」と呼ばれる部分があります。

この「毛乳頭」が頭皮の下を流れる血液中の栄養や酸素を受け取ります。

そして髪の毛を作る「毛母細胞」に送っているのです。

またこのときに栄養や酸素を送るとともに、髪を長くする信号を
「毛母細胞」に送ってくれるのです。

このときに血液の流れが悪くなると髪を作り出す力が弱まります。

その原因となるのが毛根や毛穴に詰まっている皮脂です。

頭皮クレンジングは毛髪の汚れだけではなく、頭皮をしっかり洗浄することで毛穴に付着あるいは詰まっている皮脂を洗い流します。

頭皮を清潔にすることで豊かな髪を取り戻そうとするものです。

それだけではなく、頭皮クレンジングによって「毛乳頭」の働きを活性化することができます。

髪を作りやすくするには、毛細血管の流れをよくすることが重要なのです。


投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム | 最速カリスマ英語マスター
初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | キャッシングローンミニ知識
結婚式マナー教室|奇跡のjugemダイエット|座敷豚の簡単ダイエット
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント

頭皮クレンジングで育毛を


男性、女性問わずに、抜け毛や薄毛に悩む人がふえているようです。

年々強くなる外的な紫外線によるダメージやストレス社会の中で繰り返される脂質の多めの食生活や十分な睡眠がとれていない生活習慣など。

男性では3人に1人、女性でも脱毛に悩む時代です。

抜け毛、薄毛などは当人にしかわからない悩みですが、これはなかなか深刻です。

当人しか悩みが分からず、悩んでいる人は他人にも話せないという人が多いですが、世間的にはジョークのネタに使われてしまいがちです。

とはいえども、発毛、育毛の技術がかなり進歩しました。

薄毛のメカニズムも専門的に解明されて変わってきました。

最近では、ヘアケア用品として発毛市場にとどまらず、一般に出回
り始めたのが頭皮クレンジグです。

頭皮クレンジングはスカルプケア、スキャルプケアともいい、髪の生える頭部の地肌のケアのことです。

頭皮クレンジングは育毛にもっとも大事なものです。

痛んだ毛髪をケアするのも大事ですが、目に見える表面のケアだけでは、育毛は出来ないのです。

頭皮クレンジングは毛髪を作り出す頭皮の部分に着目し、頭皮を健康に保つことで毛根に栄養が行き渡るようにします。

根本の原因を取り除いて、太く強い髪の毛を作り出すことを目的としているのが、頭皮クレンジングです。


投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム | 最速カリスマ英語マスター
初心者専用株式・FX・先物取引ホットライン | キャッシングローンミニ知識
結婚式マナー教室|奇跡のjugemダイエット|座敷豚の簡単ダイエット
多重債務者脱出計画 | 安全投資で安心な老後 | 安心・安全dhcサプリメント

発毛ぐんぐん


悩み抜き半ば「うつ」状態32歳の男に、ある特別な発毛方法を教えたところ、わずか3週間で産毛でなく、太くシッカリとした髪が生えて、その2ヵ月半後にはほぼ20代前半の頃のフサフサ頭になりました。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ 

その75日でフサフサにする方法を期間限定でお教えすると言ったら
あなたは知りたくはありませんか?

⇒ http://tinyurl.com/lmslqn

///////////////////////////////////////////////

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

あなたも一回は試した事があると思いますが・・・、頭をトントン叩くことは絶対にやめてください。

よく、聞く話で頭をトントンと叩いて血行をよくしているんですと言うのがあります。

しかし、殆どの方が頭に傷つき、ヒリヒリするのだけど、それが逆に効いている証拠だと勘違いしている方の多い事・・・

⇒ http://tinyurl.com/lmslqn

頭を叩いている方は、今すぐにやめてください。

それを続ける限り絶対に治りません。

頭をたたきすぎると、頭に傷がついてしまい、その傷口からは髪の毛は絶対に生えてきません。

全くの逆効果と言うことです。

⇒ http://tinyurl.com/lmslqn

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

叩くのではなく、血流を良くするために、「マッサージ」をするのです。

ブラシや器具を使うのではなく指先でなでるように優しく「マッサージ」するのです。

叩いて、適度な痛みを感じることにより、満足感は得られたかもしれませんが、揉んであげたほうが確実に血流は良くなります。

血流を良くする事は頭皮の健康上非常に良い事です。

要するに、過度の刺激は逆に毒となると言う事を忘れないで下さい。

もちろん、最大限の育毛効果は「体の内面」のケアにほかなりません。

体の内側から『はげが改善され生えやすい体質』にする事が一番重要なのです。

⇒ http://tinyurl.com/lmslqn

「はげが改善され生えやすい体質になるなんて相当難しいですよね?」

そんな風に思っていますか?

大丈夫、そんな事はありませんから。

⇒ http://tinyurl.com/lmslqn

投稿者 友近由紀子

傷んだ髪の見分け方


自分の髪が傷んでいるかどうか見分けるには、以下の3つの方法をとると良いでしょう。

とりあえずまず自分の髪を見てみると、見た目でも傷んだ髪かどうかわかることができます。

なによりもすぐわかることは、毛先に枝毛があれば、間違いなく髪が傷んでいるということです。

枝毛は一度できるともう治ることはなく、たとえトリートメントをしても無理なことで、治す方法は切ることだけなのです。

次に、髪を引っ張ってみることでも、傷んだ髪を見つけることができます。

髪は傷んでしまうと、切れやすくなってしまいます。

ツイストパーマやストレートパーマは髪を痛めやすく、何度もかけていると髪を切れやすい状態にしてしまいます。

健康な髪は、指が滑って切れません。

最後に痛んだ髪の見分け方は指でしごいてみることです。

髪の根元からゆっくりとすべらすようにして、引っ張りながらしごいていき、すべりが止まったり手触りが悪くなったりしたら、それは髪のキューティクルが崩れているということなのです。

このような髪の痛みがあるかどうかを見る方法で、どれかひっかかる点が見つかったなら、とりあえずトリートメントで髪の改善をはかってみるようにしましょう。

髪の痛みがなかなか治らないようであれば、そのときは美容院にいくなどして、もっと専門のトリートメントをしてもらうといいでしょう。

髪のトリートメント


きちんとしたトリートメントをするためには、まず最初にしかりシャンプーしましょう。

洗った後は、よくすすいで泡が残らないようにしなければなりません。

シャンプーが終わったら、まずトリートメント剤の油分がはじかれるのを防ぐために、髪の水分をタオルで軽く取り、それからトリートメント剤を手に取ります。

表示されている容量は必ず守るようにして、内側からたたくような感じでトリートメント剤を髪につけます。

髪にトリートメント剤をつけたら、なじませるために少しそのままにしておいて、それからこすらずにやさしくすすぎましょう。

毛穴をふさぎ、頭皮に細菌が繁殖したり、炎症の原因になったりするので、トリートメント剤を頭皮につけないようにしてください。

それに、せっかく頭皮をきれいに洗った後に、余計な油分を与えてしまうことになります。

髪が特別にひどい傷み方をしてしまったときの方法があるのですが、それはまず普通どおりにトリートメント剤をかみにつけ、その後シャワーキャップをかぶって5〜10分くらいの間そのまま待つのです。

これはトリートメント剤が髪の内部により効果的に浸透していく方法で、毛髪が温まることでタンパク質の結合がゆるめられるからです。

効果を実感するには、週に2度は行うようにするといいでしょう。

以上のような方法でも髪が元に戻らないならば、思い切ってその髪は切ってしまいましょう。

それから次に伸びた髪を、大切にケアしてあげるといいのです。

髪の傷みの原因


髪が傷む原因はいくつかあります。
まずあげられるのが、シャンプー時に乱暴に洗ってしまうことです。
毛髪の表面をおおっている部分で、外側の刺激から毛髪内部を守り、髪につやを与えるのはキューティクルです。
キューティクルは摩擦によってはがれてしまうので、シャンプーするときに乱暴な洗い方をしたりすると、簡単にはがれて髪はつやを失ってしまいます。
そして無理にブラッシングすることや、濡れたままの髪にブローをするのも髪が傷むことにつながります。
激しいブラッシングの仕方も、やはりキューティクルをはがしてしまうことになるのです。
タオルで水気をあまりきらないまま、ドライヤーなどをかけると水気を含んだ髪は、とても痛みやすく、キューティクルが剥がれ落ちやすいのです。
それから、冷房や暖房による刺激も、キューティクルをはがれやすくしてしまいます。
濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、濡れたまま日に当たることは避けなければなりません。
パーマやヘアカラーも髪にダメージを与えやすく栄養分を失いがちですので、できる限り間隔をあけるようにしましょう。
このような外の刺激によって傷んでしまった髪を元に戻すためには、トリートメント成分を含むシャンプーやコンディショナーを使って髪をケアすることでしょう。
また、自分の手だけでなく、美容院で定期的に専門的なトリートメントを行うようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。

ヘアーメイクアーティストが薄毛の悩み解決しますのTOPへ
Powered by さくらのブログ